×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXスイングトレードとは?

スイング(Swing)トレードとはおよそ1週間以内を目処にして、長くても1~2週間ほどで取引を完了させるトレード方法のことです。
日中は仕事などで継続して取引ができない方などで、昼休みや、夜などしかFXができない人に向いているでしょう。

●大きなトレンドを分析、把握、予測するだけでよく、相場に縛られると言った時間拘束が比較的少ない
●トレンドに乗せやすい
●読んだトレンドが正しかった場合、最大利益が取りやすいというメリット

デイトレードやスキャルピングの場合、小さなトレンドの中での取引なので、比較的一方向の強い力が長く続きやすいFXでは利益の取りこぼしが生まれやすく、そういったデメリットをカバーできるのがスイングトレードのメリットです。

FXスイングトレードお勧め商材ランキングBEST5

1

先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版

イメージ

VMアドバンスは恐らく、最強のトレードスタイルとなると思います。

これまでの弱点とも言うべき「ダマシ」をいかに排除するかに重点が置かれています。

これまでの「ビクトリーメソッド」のトレードに、前提条件としてさらにプラスアルファの条件が追加されたものです。

VMアドバンス明確なルール付けがされており、そのルールに対して納得して実践できるのが一番の特徴だと思います。


2

Reduce-FX

イメージ

Reduce-FXは価格が今後動いていくのかが、自然とわかるようになってきます。

そして今までにない理論で、価格が反転するポイント(売り時、買い時)を見極める方法がわかります。

これを知るためのリバーシングラインはピッタリすぎてまるで未来を見ながらトレードしているようです。

投資は、人と同じことをやっていては勝てないと聞いてはいましたがこの方法はまさに誰も思いつかない方法だと思います。

ルールの沿ってトレードを行えば相場経験の薄い方でも比較的高い確率で利益を上げることができるでしょう。


3

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法

イメージ

これは、三和銀行、シティバンク、オランダ銀行などで、チーフディーラー、外国為替部長をつとめていた柾木利彦さんのFX情報商材です。柾木利彦さんは、為替の世界ではマーフィーさんとして知られています。

そんなマーフィーさんが、24年におよぶトレード経験から確立したチャート分析法を解説しているのが、「マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授」なんです。

このFX情報商材でキモとなっているのは、一目均衡表をアレンジしたスパンモデルですね。現在の状況が売りなのか買いなのか、判断しやすいように工夫されています

このFX情報商材の手法には裁量の入る余地がありますが、メカニカルなルールは明快で、事例もきっちり紹介されているので初心者の方にもお勧めのFX商材と言えると思います。


4

最新ビックバンFX-6

イメージ

BIG BANG FX-5からFX-6へバージョンアップしました。 旧バージョンで気になっていたレンジ相場でのだましのサインが少なくなり、確実に結果を出せています。

初心者の方は、マニュアルを読むと難しいと感じるかもしれませんが、マニュアルを理解できなくても実際はチャートに表示されるサイン通りに売買するだけなので安心です。

このBIG BANG FXは、システムトレードで希少といえる2年間以上にわたり、バックテストではなく、長期間実際のトレードに使われてきたシステムです。

しかも、サブプライムローン問題の不安再燃時の難しい暴落局面を上手に、捕まえることができています。

私の個人的意見ですがBIG-BANG FX-6は、プログラム系の情報商材としては間違いなくトップクラスの出来でしょう。


5

【黒船再来】投資先進国アメリカの20万円を一億円に変える投資方法

イメージ

【黒船再来】投資先進国アメリカの20万円を一億円に変える投資方法とは、投資教育機関のマニュアル、チャートを応用し、さらに自分のノウハウ、プロFX投資家ノウハウをシステム化。

つまり、全てのシステム、ノウハウの良いとこ取りをしたオリジナルチャートを作り上げてしまってます。

このチャートはただ単に優れたノウハウをシステム化したものではなく、誰でも使いやすいようにオリジナルカスタマイズが施されています。

PAチャートは主にトレンドフォロー型のシステムチャートとして有効に働き、トレンドフォローの利点はどんな相場でも価格にとらわれず利益を追求できます。

アップトレンド、ダウントレンド、レンジ相場、どんな状況でも相場が動く限り勝つことが出来るようになる、つまり、上に行こうが下に行こうが利益が出せるということです。